家の品質を決めるもの

つくり手の努力により良い材料が使えるのであれば、
出来る限り良い材料を使いたいです。

おが屑をのりで固めたMDFやOSB合板などの新建材、
どこから来たのか分からない様な輸入建材を使うのではなく、
国産の高品質の材料を使う努力をしたいです。

だんだんと仕上がって来たドームハウスの内部

 

安い家には安い理由があります。
低予算で高い材料を使うことは出来ないですし、
時間をかけた丁寧な設計も出来ません。

安く価格を抑える低価格の理由が必ず隠れています。

家の品質は作り方(設計)と、使う材料で決まります。

 

さて、私たちのつくるドームハウス・・・
ここでは、高品質の国産ひのき材を使った階段をつくっています。




木材の品質を見極めるのは、なかなか難しいですが、
これは誰が見ても美しく、素晴らしい材だと分かりますよね。

表面に1mm以下の薄いひのき板が貼ってあり、
中身はおが屑を固めた材料が多く使われています。

表面はこれと同じ。
しかし、断面を見るとこんな風にはなっていません。
切断すると分かります。

特に幅広の部分に無垢板が使われることは少ないです。
なぜなら無垢の板は、反ったり、歪んだり、ひび割れたりする。

クレームに繋がるような材料は、
良いものであっても選択し難い流通(消費)の仕組みが
出来上がってしまっているからなんですね。

ちなみにこの幅広の板、
大工さんが二枚のひのき板をはぎ合わせ、
広い一枚板に加工したものです。
そうすることによって、
高額になってしまう幅広の部分を安価に抑えて貰いました。

それもまた手仕事、技術ですね。

 

家の品質は、 作り方 と 使う材料 で決まります。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。