ドーム組み上げに必要な、事前準備

風もなく穏やかな日に、
青空の下でドームハウスの組み上げを行っている作業風景をご紹介しますね。

クレーンで各パーツを吊り上げ、
数人の大工さんによって接合。
あっという間に丸いドームが現れます。
初めて目にする方にとっては、まさに驚きの光景です。

 

8時前に始まった建て方作業は、
10時のお茶休憩、
お昼の食事休憩、
15時のお茶休憩を挟んでも、
16時にはドームの組み上げ作業を完成させて、
17時には雨除け養生シートを掛けて終えることが出来ます。

この流れるような組み上げ作業が出来るようになるまで、
実は幾度もの試行錯誤と現場努力を繰り返した上で、たどり着いているんです。

 

写真だけを眺めていると、簡単そうに見える作業。
その裏側を、今日は少しだけご紹介しますね。

 

ドーム本体のパネルは、5角形と6角形。

5角形を構成する三角と、
6角形を構成する三角が、

それぞれ30枚ずつあります。

一枚一枚のパネルは、
二人で持ち上げることが出来る大きさです。
大型のクレーンが入れない現場では手で組み上げることも可能です。

しかし作業の効率を考えると、
ある程度組み立てた状態で、クレーンにより吊り上げる方が作業も楽で安全。

こんな風に、一気に吊り上げられるよう、
前もって組み立てておきます。

5角形と6角形、全60枚を組み立てるだけではドームハウスは組み上がりません。
それ以外のパーツの方が、実は複雑で大変。
作るのも組み上げるのも、技術を必要とします。

60枚の三角、5角形と6角形を組み立てている外では、
こんな風にいろいろなパーツが順番を待っています。

 

 

  • 1番(赤)
    これは玄関を構成する、巨大な庇パネル
    台形のパネル3枚から構成されています
  • 2番(紫)
    こちらは、掃き出し窓が付く部分の「大庇」
    庇でありながら、ドーム本体の強度にも関わる大切なパーツ
    この大庇の角度や出寸法により、ドームの顔が決まります
  • 3番(水色)
    6角形パネルの半分
    トップライト(天窓)が付くパネルが見えていますね
  • 4番(黄緑)
    2階のドーマー屋根
    2階に窓を付けるには、トップライトにするか、
    このドーマーを付けるしか、方法がありません
    ドームの2階は丸い屋根の中ですので

 

これらのパーツを前日までコツコツと製作し、
こんな風に吊り上げる順番に並べておきます。

この準備作業がとても大切。
準備次第で、組み上げ作業にかかる時間が大幅に変わります。
1日で終わる場合もあれば、3日かかる場合もあります。

敷地周囲にパネルを広げて置ける広さがあるかどうかも、
組み上げ時間に影響を与える大きな要因になります。

近くで見ると意外に大きい2階ドーマー屋根

 

傷めないように置くだけでも技術が必要

 

しかし良い家を建てる上で一番大切なことは、
職人さんが楽しく働けるかどうかだと、
この頃、つくづく思うんですよね。

作っている職人さんも含めて、
みんなに喜ばれる良い家をつくり続けて行きたいですね。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。