小さなフラードーム小屋をつくる(その2)

同じ軸材が何百本も。

間違えてたら怖いなあ、、、
とかつぶやきながら
三角を作る工程に入っていきます。

三角パネルの端部、はしっこには、
5つ若しくは6つの三角が集まってきます。

屋根面を鉄板などの
つるっとしたシャープな材料にする場合は、
三角の集まる部分にずれがあると
デコボコが目立ってしまいますので、
出来るだけ図面通りに作りたいところです。

ここでも同じ物を何個も何個も作ります。

軸材のカットの時同様に、
深く考えなくてもぴたっと作れるように、
ここでも先に治具を作りました。

原寸大の図面をベニア板に貼り付けて、
その上で組み立てられるようにした、
枠組み専用板。

3種類の三角の分、
3種類の枠組み専用板を作りました。

ポイントは、
軸材を上に置くだけで、
ぴたっとコーナーの角度が合うところ。

ずれないようにビスで止めていきます。

この上で、またまたコツコツ大量生産です。



こうして出来上がった5つの三角を、
それぞれボルトで止めて組み立てた最初の五角形。

小さいながら、なかなかの存在感です。

フラードームの象徴図形とも言える、
基本の五角形は、
やっぱカッコいいですねー

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。