キッズフラードームのクラファン開催まで、あと1日!

ずっとずっと開発しておりました
ダンボールの子供用ドームハウス
「キッズフラードーム」。

販売の日程が決定致しました。

開始まであと1日!

明日から、
クラウドファンディングの マクアケ 「Makuake」にて
販売開始致します。

https://www.makuake.com/project/domehouse/

(開始までは、販売画面を見ることができません)

プロジェクト名:『子どもの「空間創造力」を育てる【キッズフラードーム】
8月18日 10:00頃 オープンです。

数量限定にて先行ご予約者さま優先割引きの超早割り特典、
25%オフがございますので、
お早めに上記サイトをご訪問下さい。

商品の詳細は、こちら ↓↓↓

 

  • 子どもの「空間創造力」を育てるダンボールハウス
  • 「黄金比」がつくり出す不思議なドーム体験をおうちで
  • 簡単に作れる「新しいあそび場」

 


組立ての様子をまとめた動画です。
再生されない方は、こちらをクリック

仕事を家にまで
持ち込まなければならないこの頃、
お父さんは子供の相手を
毎日してあげたいけれど、
そんな訳には行きません。

ずっと子供の相手をしている
お母さんも、

「一人で遊んでいてくれないかなぁ~」

という時もあるでしょう。

そんな時に、
なんだか少し
罪悪感を感じてしまいながらも、

そんなあなたの助けになるのが、
このダンボール製の
「キッズフラードーム」です。

大人も楽しいキッズフラードーム。

 

テントみたいな感覚で、
中で眠ってしまう程の
居心地の良さ。
まるで、キャンプみたい。

テーブルや棚を作り付けて、
おままごとに。

大好きなものを中に飾って、
コレクションスペースに。

ワンちゃん、
ネコちゃんのお部屋にも。

キッズフラードームは、
から出来ている天然素材
簡単に切ったり、貼ったり、着色したり、
お好みにカスタマイズすることができます。

子ども達は、
考えて作り出す力を身につけることが出来、
自分で作った物で遊ぶ喜びを発見してくれます。

そんなあなたの思いを
手助けしてくれる知育玩具が、
「キッズフラードーム」です。

 

バックミンスターフラーによって考案された
フラードーム理論で作り出された造形は、
子供だけでなく
一緒に組み立てる
大人までも楽しくなってしまいます。

それは、

三角形を組み合わせることによって球体が出来る不思議
小さいのに、中に入ると思いのほか広く感じる不思議

という、
不思議なドームマジックを体験出来るからなのです。

日常では感じることが出来ない
球体内部での体験が、
家は四角いもの、
天井は平らなもの、
という固定観念を取り去ってくれ、
自由な【空間創造力】を育む手助けとなります。

三角を繋げることによって
作り出された球体は、
外から見ると小さいのに
中に入るとガラッと
広く感じる特徴を持ちます。

そんな不思議な体験が出来る内部空間は、
狭い天井に押しつぶされそうに感じる
箱の中の感覚を取り去ってくれ、
子供たちはドームの中に居心地の良い
自分だけの空間を作り出すことが出来ます。

 

 

 

 

ドームハウスには不思議な魅力があります。
それは、
三角を球形になるように
配置するための数式のお陰。

「フェボナッチ数列」
黄金比と呼ばれるその数式は、
身の回りの自然界から宇宙に至るまで、
あらゆる所に存在します。

例えば、

・ひまわりや松ぼっくりの種の配列
・巻き貝のらせん曲線
・そして、銀河系の形

に至るまで。

また建築でも、
・金閣寺や凱旋門
・古代のピラミッドやパルテノン神殿

更に、
・人体やそのDNAの配列

にまで黄金比の規則性を見いだすことができます。







狭い空間なのにも関わらず
「キッズフラードーム」の中で
長時間遊んでいられる感覚は、
こういった数学的な要素、
この世界を司っている数式が
生み出してくれているのです。

 

私たちは、木造ドームハウスの設計を行っている設計事務所です。
内部に「黄金比」が入っている純粋な造形でつくるドームハウスは、他の建築にはない多くの特徴を持っており、それが根強いファンを生んでいます。
海外では1960年代からセルフビルドでドームハウスを造り暮らす文化が世界中、様々な地域で生まれていきました。

本プロジェクトの「キッズフラードーム」は、そんな大型のフラードームハウスと同様の設計手法により作りました。

「やっぱり中に入ってみたい。」
「ドームの中に転がりたい。」
「黄金比のドーム幾何学に包まれてみたい。」

そんな希望を簡単に叶えることが出来るのは、ダンボールハウスしかないと長い間考え続けていました。
何年も何年も前からどうしても作りたかったアイテムのひとつでした。

 

そのような中、始まってしまったのがこのコロナ禍による非常事態宣言です。
お父さんは会社に行けず、お母さんは一日中子供と家族の面倒を見なければならず、学校までも一時は閉鎖され、皆が家に閉じ込められてしまいました。

私たちは、過ごしやすい家、落ち着く家、何日籠もっていても幸せな生活を送れる家を作る努力をしています。
お客様には、ドームハウスで暮らすようになってからは、外に遊びに行くよりも、家の中で休日をゆっくり過ごすことの方が多くなりましたと言って頂いています。

家を建てなくても同様のことが実現出来ないだろうか、と考え続けました。
家の中ででも長い時間楽しく過ごすことが出来るアイテムを提供出来ないだろうか、と。

そんなときに、思い出したのがこのダンボールドームです。

物づくりの楽しさを体感できるダンボールの「キッズフラードーム」を、たくさんの子ども達に届けたいと願っています。

■子育て世代のあなたへ■

私はこの小さな空間が

時には「子供の人生を左右する」事もあると信じています。

なぜなら、

自分の手で作った空間は、

たとえそれが小さな「場」であったとしても

子どもの心の中に、

今後の人生を歩んでいく上で

忘れることのない「大切な我が家」として

記憶に残り続けるからです。

それが、家族みんなで作る

「 キッズフラードーム 」です。

あなたに、

家を子供と一緒に作ってもらいたい。

そして、

子ども達の記憶に残してもらいたいのです。

記憶が人を育て、作ります。

建築家 わだたかひろ

 

本格派、木造ドームハウスと同じフラードームを家の中で組立てられるダンボールハウス。

こたつを置けるスペースがあれば大丈夫。
身長160cm位までの人なら座って入れます。
親子で約1時間、簡単に組み立てられます。

片付けも簡単
留め具をはずしてコンパクトに片付けられます。
ネジ式留め具は、数回ならば繰り返し利用可能。

【スノーホワイト】は、好きな絵柄を描いて、塗って、ドアや窓、天井に照明器具を付けたり、自分だけのドームにカスタマイズ可能

【シルバーブルー】は、インテリアとして違和感がない落ち着いた色合い
普通のダンボールには無い光沢があります。

大きさ:直径約1.2m
高さ :約90cm
重さ :約2.5kg

完全国内製造 の
Made in Japan!

ダンボール工場は国内のみ。
更に、100%国産パルプを使用。
日本の木材を使い、日本の森と雇用、
そして環境を守る製品です。

カスタマイズ例
世界地図に塗装 と ペンギン風に着色

 

Makuakeにて公開販売予定です。
https://www.makuake.com/

プロジェクト期間
2021年8月18日~9月20日

 

生産・リターン発送
2021年9月21日~11月30日

※生産や発送時期は余裕をもって見ておりますが、現場の状況やご注文状況によって、スケジュールは変動する可能性があります。

 

子育て世代に楽しんでいただけるように、お求めやすい価格にしました。
2個セットは自宅用と実家用、お友達との共同購入などにお勧めです。
ぜひこの機会に不思議なドームマジックを体験して下さい。

一般販売価格は予定価格であり、生産効率が上がった場合、予定金額よりも下がる可能性があります。(Makuake限定価格より下がることはありません。)

一級建築士事務所studioPEAK1

 

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。