ドームハウスって、なに?

丸い屋根の家、ドームハウス。
多くは、三角を組み合わせて丸くつくるドーム型の家です。

日本では厳しい法規制に阻まれてなかなか普及できませんが、アメリカやヨーロッパ、ロシア等世界のドームハウスビルダーたちの作品を見ていくと、いろいろな種類のドームハウスを見ることができます。

ドーム型で丸ければドームハウスなのかと言うと、そうではないと思っています。
このホームページで言うところのドームハウスは、最低限ジオデシックドームでなければダメ。
つまり、球体を直線でつなぐことによって構成するものたち、です。
木造の物もありますし、鉄骨造もありますが、球を直線のみによって作り出している構造体です。

直線のみから構成すると、線に囲まれた部分は、三角であっても五角形であっても、必ず面になります。
面で構成している限り、バラバラにすると平べったい面のみであり、曲面は存在しません。
面を何十枚もつなげた多角形によって、球っぽくつくる、ということですね。

個人的には、こうやって作った丸い家をドームハウスと呼ぶことにしようかなあ、と思っています。
個人的にはですが、、、

 

と言うのも、鉄骨などを曲げて曲面をつくり、ドーム型にするのであれば、何でもありになってしまうんですね。
球でなくてもあらゆる3次元の造形が可能となりますので、元々、フラー博士が提唱していたジオデシックドームからどんどん離れて行ってしまいますので、曲面はナシにしたいかな、と。

球を直線のみによって、それぞれの直線がなるべく短くなるように作り出そうとすると、それほど多くの方法がある訳ではありません。
三角形か、若しくは五角形と六角形の集まりから作ることが一般的です。
三角の数を何個にするかはあるでしょう。
1つの正三角形は、同じ面積でも4つの正三角に分けることが出来ます。
三角が多ければ多いほど、なめらかな球体に近くなります。
そんな考え方の元で作っているのが、私たちのドームハウスです。

 

テントくらいの小さな小屋、ガレージくらいの小型の家、そして中型から大型のフラードーム。
今まで、いろいろな形のドームハウスを作りました。
中には独自に開発した、他にはどこにもない世界唯一のドームハウスもあります。

構造的に強くする事を主にしたもの。
作り易さを第一に考えたもの。
パネルの枚数を減らし、なるべく手間を減らそうとしたもの。

それぞれにコンセプトがあります。
そして、これらは全てドームハウスです。

しかし、、、

独自に開発されたものは、「ドームハウス」ではありますが「フラードーム」ではありません。
我々が作ったものに限らず、他社さんや世界中で同様に、独自につくり出された物は「フラードーム」ではないのです。

そうなんです。

「フラードーム」というのは、ある種特別な存在。
特定の設計方法のもののみを差します。
ちょっとした孤高の構造体、、、なのです。

 

私共が設計を行い住宅として作る、特に中型から大型のドームハウスは、なるべくこの「フラードーム」にしたいと考えています。

では、フラードームとは何でしょうか?
他のドームと何が異なるのでしょう?

キーはその名前、「フラー」。
そう、バックミンスター・フラー博士の名前を冠しているものが「フラードーム」なんですね。

次は「フラードーム」ってなに?
というお話に、

つづく、、、

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。