二叉大木の伐採

二叉の大黒柱は、買ってきたんじゃないんです。

山で見つけてくる、、、

というのもまた難しいですので、

ある意味、出会いみたいなものです。

sdaikoku_cut_0

この赤松は、敷地内に自生していました。

周囲の松は、3割くらいの松が松食い虫にやられてしまい、

立ち枯れていました。

立ったまま枯れてしまうことを、立ち枯れと言います。

立ち枯れた木に雪が載ると、重さに耐えられず、

途中から折れて落ちてきます。

根元が腐ってしまった木は、地面の中で根っこが切れてしまい、

土と共にえぐり取られるように、根と共にひっくり返ることもあります。

その木が元気かどうかだけではなく、

10年後どれくらいの大きさになり、

どこまで枝が伸びてきているだろうか、

と将来の景色を想像しながら、庭をつくる必要があります。

 

二叉の大木は、建物が建ってしまうと大型の重機が入らず、

伐採することが出来なさそうでした。

またそれ以上に、通常よりも弱い二叉の部分が折れてしまうと、

お隣に倒れてしまう可能性も。

冬場の強風、八ヶ岳颪(おろし)や甲斐駒颪が強いこの地域では、

高いところに雪が載り、そのまま凍ってしまい重くなり、

その後の強風で、折れたり倒れたりということが頻繁に起こります。

屋根を潰してしまった、車を壊してしまった、

ということが頻繁に起こっています。

ということで、建設前に伐採する方が賢明と判断しました。

daikoku_cut_1

この大きなクレーンをラフターといいます。

今、吊っている物が何トンあり、

現在の作業が危険かどうかを

重さにより判断しながら吊り下げられる優れものです。

 

巨大な赤松は、重たすぎてそのまま吊り上げることが出来ません。

安全を確保した上で、途中から切り離します。

ラフターには一本のクレーン支柱に大小2種類のクレーンワイヤーが付いています。

大きい方で松を吊るし、

小さい方で高所作業用のゴンドラを吊します。

揺れるゴンドラに載った作業員に、

上の方で大木を切り離してもらいます。

一台のラフターでいっぺんに2つの作業を行う訳です。

吊しながら切らないと、切った大木が落ちてきますので。

daikoku_cut_2(中間部分を伐採中)

daikoku_cut_3(二本目の上半分を伐採完了)

sdaikoku_cut_4

無事、赤松の大木の、

重たい上半分を切り離すことが出来ました。

低くなっても、それぞれの丸太には相当の重さがあります。

柱にするため、途中で折れてしまわないように

慎重に伐採しなければなりません。

二叉の根元は、上から落ち葉が降りかかり、

雨水が溜まり、

中が浸食されて空洞になってしまったものが多くあります。

外から見ると太い根元も、

実は中が空洞で空っぽだったということも多いです。

大木の中の空洞を、ウロといいますよね。

トトロの住み家はウロの中でした。

木はどんなに太くなっても、

水や養分を吸い上げる導管はその表面だけなのです。

木は、中が空洞になっても、

折れなければ問題なく生きていけるのです。

sdaikoku_cut_5

外から、どこまでウロが広がっているかを確認することはできません。

切ってみないと分かりません。

途中で折れてしまわないように、

なるべく二叉から離れた下の方を、

特別に長いチェーンソーを使って切っていきます。

切り進める内にチェーンソーの歯が挟まってしまい、

動かなくなってしまいますので、

斜めに三角に、切り落としながら伐採をするのが通常の伐採方法。

しかしここでは、後で柱に加工しなければなりません。

なるべく下の方を残したいですので、

クレーンの先端をちょっとずつ動かしてもらい、

吊り下げた大木の重心を微妙に移動しながら、

まっすぐいっぺんに伐採しました。

 

職人技の連携プレー、すごいです!

sdaikoku_cut_6(やっと切り離すことが出来た大木)

 

daikoku_cut_7

二本の幹を折ることがないよう、慎重に寝かせます。

 

sdaikoku_cut_8

直径1m弱の根元には、

御神酒をあげて感謝です!

 

 

 

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。