12M センターキッチン案

12Mでのセンターキッチン案ができました。


センターキッチンは
とても人気の高いプランです。
広い12Mでゆったりと暮らせる案になったのではないかと思います。

 

まず西側の玄関から入ると、
一坪サイズの風除室を抜けて
裏廊下へ入ります。

ここは天井を低く抑えてある廊下。
北側に向かうと、
トイレ、洗面所、浴室、キッチンへと続きます。

長い時間を過ごすキッチンから顔を出せば、
全ての水廻りにアクセスできるだけでなく、
玄関にもすぐに行くことが出来ます。

働く主婦・主夫に便利な様、
それぞれの機能を近づけてみました。

例えば、
洗濯機の洗い終わり音、
浴室のお湯張り音、
玄関の来客、
全てにキッチンの裏廊下から
ダイレクトにアクセス可能な配置になっています。

お料理の仕込みをしているときに、宅配便が。
洗い物をしているときに、浴室から子供達の呼ぶ声が。
洗濯物をしているときに、お湯が沸いた。

様々な働くシチュエーションに対して、
かゆいところに手が届く家であること。

それがこのセンターキッチンの
魅力になっているのではないかと思います。

また、
大きく広いキッチンカウンターは、
人が集まる場面に
対応しやすいプランとも言えます。

誕生日パーティー、お食事会、餅つき、
様々な季節の催し物に大活躍してくれます。

キッチンからリビングや、
畳コーナーを見渡せることも、
隅々のお客様に目が届くという意味で
便利なプランになっています。

 

2階のつくりは、
中心に個室を設け
左右にはドーム天井を見渡せるホールを。

吹き抜けの下から見上げたときに、
ドーム天井が広がる景色を邪魔しないように
2階の仕切り壁を配置してあります。

大型と言って良いサイズである12Mドーム。
10人くらいは泊まれるでしょうか。
様々なイベントに活躍しそうな
ドームハウスになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。