9mドーム・エクステンション付きの3d考察動画

こちらのプランは、
ドームの中はなるべく広くし、
出来れば空っぽにしたい、、、

というところからプランニングをスタートした直径9mのドームハウスです。

 

家づくりにて、プランに大きく影響を与えてしまう事柄に、
建設地がそもそも持っている土地の条件があります。

どちらの方角に道路が付いているか。
車はどこに止めるか。
止めた車からどういうルートで玄関へとアプローチするか。
設計の初期段階で、車と車からの人の動きをまず想定します。

それによって、玄関の位置が決まり、
どこからドームの中に入っていくかが決まります。

今回のプランは寒冷地に建設するため、
玄関ドアを開けた時、外の冷たい風が入って来ない様に、
玄関風除室を備えることが条件としてありました。

そのため、ドーム部分を完全にガランドウとすることができず、
ドーム内に玄関室を作りこむことになりました。
であれば、玄関の脇に収納を増やし、
小さなロフトを上に載せたらどうだろう。。。
とプランを進めていくうちに、平面計画が頭の中で広がって行きました。

家づくりは、そういったやり取りがとても楽しいんですね。

施主さんに、もっとワクワクしてもらうために、
また、設計者である私の頭の中の風景を共有するために、
いつもこういった簡単な3d動画を作ります。

動画はYouTubeにアップして、ご家族で見て頂き、
頭の中の風景を共有させてもらっています。

https://youtu.be/qIndLNVNenI

こういったプランニングの時間が一番楽しい、
とみなさんに言って頂けているのは、ほんとに嬉しいことです。

 

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることが出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。