楽しくなるドームハウス

展示会場で、たくさんの方々とお話をさせていただきました。

ミニドームの特設ブース、

会場では、みなさんの目を釘付けでした!

unnamed

この一瞬だけでも、十数人の人々に囲まれちゃってます。 (^^;)

 

なんだろうこれは、、、

って印象なんでしょうね。

 

ドームハウスをご存じない方がたくさんいらっしゃいますので、

というより、ほとんどの方はご存じないですので、

丸い屋根にびっくりされます。

 

また中に入ると、

ドーム屋根の大きな建物が出来ることに二度びっくり。

 

内観の写真をみた後の感想は、

みなさん一様に、

「 いいねー、 楽しそうな家だねー 」

と言っていただけます。

spa210058_2

やっぱりそうなんですね。

楽しくなるのはドーム好きのわたしだけじゃないんですねっ。

ドームハウスは写真を見るだけでも楽しくなる家なんです!

spa210052_2

どういう風に家づくりを進めるんですか?

というご質問もあります。

 

まずは、写真や模型を見ながら、

あなたのドームハウスを想像していただきます。

あたまに浮かぶ楽しい想像の世界を、共有させて頂くことから、

私たちの設計は始まります。

 

思い描いた空想の世界を、私がプランに落とし込みます。

その絵を元に、こっちの窓はもっと大きく、

ここには大好きなアンティーク家具を置きたい、等々、

あなたのイメージとの擦り付け作業を行います。

 

家づくりの中で、こういった初期の作業が一番大切です。

こういう作業を、 専門用語では 「 基本設計 」 と言います。

空想の世界を絵に落とし込む人が、設計者なんですね。

 

計算をしたり、図面を描いたりするのも設計者ですが、

それだけではただのエンジニア。

楽しくなる家は、技術だけでは生まれません。

まずはお友達になり、楽しく家づくりの話ができ、

相談に親身になってくれる、そんな関係づくりが大切なのではないかと思います。

 

わくわくする家づくり、 あなたもご一緒にいかがですか?

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。