タイル、石材選び

仕上げ材選びをやってます。
今回はタイルと石材。

何十、何百とある材料の中から、適材適所いいものを選んでいきます。

まずは施主さんのご希望を伺うのですが、選ぶとなるとなかなか難しいものです。

色、形、質感、デザイン、希望の仕上がり雰囲気などを、本やネットの写真等から、気に入ったものを集めていただきます。

写真を元に、お気に入りの雰囲気に近いものの「実物サンプル」を収集。

一重にテラコッタタイルと言っても、実物を集めてみると、色はもちろん肌合い、手触り、雰囲気がそれぞれ全く違います。

表面に釉薬が塗ってあり、つるつるだったり、周りの四辺がわざとフニャフニャさせてあり、手作り感を表現してあるものなど様々。
取って触ってみないと分からないんですね。

こちらは白い大理石。
しかし実は「擬石」と言い、限りなく本物風に作られたフェイクの石なんです。
偽物とはいえ、モルタルや陶磁器、セラミックスなどから作られていますので、これはこれで良いんです。
石調タイル、ということですね。

実際の石を使う場合は、タイルのように薄い材料が限られてきますし、値段も異なり、選択肢が極端に少なくなってしまいますので、擬石を積極的に使っています。

例えば、何十年も経ち角が欠けて古びたレンガを白く塗装した感じの擬石。
レンガは厚みや質量がありますが、この擬石であれば10~20mmほどの厚みしかなく、その上軽量モルタルで作られていますので、天井に貼ることも可能です。

こんな石も、実はモルタル製。
塗装着色によって本物風に仕上げてありあます。

こちらは磁器。
水廻り用のタイルは、表面に滑り止め加工がしてあるのが特徴です。
トイレやお風呂の床用ですね。

また、デザイン性を高めるために、こんなガラスのモザイクタイルを選ぶこともあります。
キッチンや洗面台と絡めれば、楽しい空間をつくることができそうですね。

デザインセンス豊かな奥さまのご希望で、こんなタイルを使ったこともありますよ。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。