ドームハウス2階の窓

ドームハウスの2階は、
球体の上部1/3くらいの空間を利用して部屋にしています。

2階は三角の集まりのみで構成するしかない場所のため、
大きな窓は付けられません。

屋根を形作っている三角を一枚外し、
そこに空いた穴に壁を建て、
小さな窓を取り付けます。

大型のドームでない限り、
通常は50~60cmくらいの窓しか付かず、
縦すべりか横すべり出し窓、
若しくは、押し出し窓を選ぶことになります。

このドーム屋根に付ける窓とその庇(屋根)部分を、
「ドーマー」と呼びます。

「鳩小屋 屋根」とか「ピーピング・ドーマー」
などと呼ぶこともあります。

外観としては、
丸い屋根に突き出た小さな三角屋根となり、
デザイン的にも効果的で、
上手く取り入れたいデザインアイテムの一つです。

ドーマーを付けることができる場所は、
ドーム天井を構成している三角の、
特定の部分にしか取り付けることができません。

取り付け可能な場所は全部で5カ所。

もし、2階の半分を吹き抜けにする様なプランの場合は、
2カ所~3カ所にしか付けることができません。

それは、2階には2カ所から3カ所にしか、
窓を付けることが出来ないと言う意味になります。
これは、取り方によっては、
ドームハウスのデメリットとも言えるかもしれません。

2階に掃き出し窓を付けたい、
2階に1間巾の引き違い窓を付けたい、
等の希望を取り入れることは、
構造的に難しいですので。

それでもより多くの光や風を2階に取り込みたい、
と言う場合は、
トップライト(天窓)を利用するという別案があります。

「天井」面に付ける窓は、
同じ大きさの「壁」面に付ける窓の、
約3倍の光が入ってきます。

例えば、壁面に3平米(へいべい:平方メートル)の窓を付ける場合と、
天井に1平米の窓を付ける場合とで、
その入る光の量を比較すると、
どちらも同じだけの光が入ってくることになります。

3平米の壁窓=1平米の天窓
です。
大きいですよね。

よく利用しているトップライトには、
電動で開閉ができるタイプの商品があります。
5mも6mも上の方に付いている天窓を、
1階のリビングのソファーに座ったまま、
開け閉めする事が出来ます。

ブラインドも内蔵されていますので、
日差しが強い日は、同じくリモコンで開閉可能。
開けっ放しで出かけている際に雨が降ってきた時は、
雨感知センサーが働き、自動的に閉めてくれます。

そんな商品を上手く利用しながら
プランニングをしていけば、
個性豊かなあなただけの空間を
実現することが出来るのではないかと思います。

大型ドームのドーマーに取り付けられた引き違い窓

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。