三種の神器

新たな時代「令和」が始まりました。

新天皇がご皇位を継承される儀式
「剣璽等承継の儀」がとり行われた様子を見ながら、
「三種の神器」って本当にあるんだなぁ、
とちょっと感動を覚えました。

 

三種の神器とは、
古事記や日本書紀に記された日本神話に由来する
「鏡・剣・勾玉(璽)」
の3つの宝物なのだそうです。

鏡は、「八咫鏡(やたのかがみ)」

剣は、「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」

勾玉は、「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」

 

遡ること2008年5月、
我が家のドームハウスはまだ設計段階。
形すらありませんでした。

直径10mのフラードームを自分の手で建てたい、
という強い思いのみから走り出したドームハウス研究。

土地取得、伐採、整地、根切り、
床付けまでを順調に自分の手で行ったこの日、
地鎮祭の時に神主様から頂いた
「三種の神器」を、
我が家のドームハウスの真下、
大黒柱の中心に沈めました。

いつも御世話になっている
「甲斐駒ヶ嶽神社」の神主さまが
我が家のためにご用意して下さったお守りです。

「三種の神器」が入っていますので、
基礎の下に埋めて下さい。

また、中は決して見ないで下さい、と。

あれから11年。
お陰様で、ドームハウスも発展を続けています。

 

 

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。