9mドーム(その3)+エクステンション

9mドームのプランを充実させるために、
エクステンションを使ってプランしてみましょう。

ちょっと狭いかも、
もう一部屋欲しい、
増築したい、
と言うときに、エクステンションの考え方が役に立ちます。


簡単なのは一部屋、増築。
ダイニングの横にあった窓部分にそのままエクステンションをくっつけます。
エクステンションの巾は、本体ドームの形状に依存しますので、平面多角形の角から出すしかありません。
長さ、部屋の奥行きはいくらでもOK。
ここでは2間半、4.5m出してみました。
クローゼット付きの寝室です。

もう一方のエクステンションは、玄関と収納スペース。
玄関にはウォークインの玄関収納。
玄関空間を風除室として独立させるか、視線だけをさえぎる廊下とすることができます。

寝室に収納がありませんでしたので、こちらはウォークイン・クローゼットも追加してみました。

こうして2つのエクステンションを付ける事により、前回の9m(その3)プランに比べて、かなりゆったりとした部屋構成になったのではないかと思います。

ドーム自体を大きくするか、エクステンションを付けて拡張するか、2つの選択肢があります。
エクステンションの良さは、閉じた空間をつくりやすいこと。

水廻りをドームの外に出してしまう、という場合にもエクステンションが役に立ちます。

ドームハウスのエクステンション

2016.09.01

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。