エネルギー自給型の小屋 と グランピングドーム

ワイルドさを追求したツリーハウス案に対して、こちらは快適さを重視してみました。 上下水に電気等、近代施設を兼ね備えた究極のキャンプ小屋です。

充実しすぎて家になってしまわないように、あくまでも自然を満喫する為の基地であることを重視しました。

広いデッキを中心として、アウトドアリビングデッキの上に宿泊用ドームハウス。
別棟として、ライフラインを集約したエネルギー自給型の小屋があります。

中心となる屋外デッキには、夏は暖炉でBBQ、冬は暖をとることができる石組みの暖炉があります。
デッキ上には、強い日差しや突然の雨を遮る為のタープを張ってみました。

ジオデシックドーム構造のテントは、中の明かりを透過して美しい「江戸小紋」模様を浮かび上がらせてくれます。
ベッドの上には小さなロフトがあり、大人数の宿泊にも対応可能。

対して小さい方がライフライン集約棟。
前回のツリーハウス同様、三角パネル式の小屋です。

こちらはソーラーパネル発電での電気を蓄えて使う、エネルギー自給型の小屋です。
暖房も、日光により温められた屋根面の熱を室内に取り込む、太陽熱暖房。
上下水はデッキ下にリザーブタンクを設け、屋外でメンテナンスを行います。

エネルギー自給型の家は、これくらいの小さな小屋が適しているのではないかと思います。
暖房する容積も小さくて済みますし、照明も少なくて大丈夫。
蓄電バッテリーから供給される「直流」電源だけを使用した弱電のみの省エネルギーハウスです。

ベッドやカーペット、ソファーなどの家具を備えた、豪華なキャンプ「グランピング」を理想とするため、あくまでも宿泊棟は自然を感じられるテントの方で。
リビング空間からキッチン等の水廻りが目に入らないことによって、より非日常の空気感を演出することが出来ます。
トイレは歩いて小屋の方へ。
ランタン持って歩いて行く不便さが自然を体感させてくれておもしろいと思うのです。

見上げると一面の星空に天の川。。。
自然と建築、森と人が一体となることができるプランなのです。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。