アメリカのルイジアナ州ニューオリンズにある2つのドームが繋がったドームハウス

アメリカのルイジアナ州ニューオリンズに、2つのドームハウスがつながっているユニークなドームハウスがあります。

ニューオーリンズは、ジャズの発祥地とも言われていて、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築もあり、カリブやアフリカ、フレンチの文化が融合して、独特の文化を創り出しているようです。また、バーガーやピザとは異なる独特の食文化も根付いているようです。

1975年に建てられたこのドームハウスは、小さなドームハウス同士を繋げた形になっています。広さは、1608sq ft(約45坪)で、現在399,000ドル(約4200万円)で売りに出されています。

手前のドームハウスには、リビングとキッチンがあり、パブリックなドーム空間になっています。奥のドームハウスには、2つのベッドルームと2つのバスルームがあり、プライベートなドーム空間になっています。

中に入ると、、、真っ白な空間で仕上げられています。インテリアがないので、ちょっと殺風景ですね。

手前にある最初のドームには、リビングとダイニングの複合ルームがあり、壁が立ち上がり、小さく囲まれた場所にキッチンがあるようです。

キッチンは壁付けタイプです。黒い花崗岩(かこうがん)の天板が、木の雰囲気と合っていますね。

奥にあるドームに進むと、2階への階段があります。

奥のドームハウスには、2つのベッドルームと2つのバスルームがあり、ベッドルームの床にはカーペットが敷かれています。

バスルームは、洗面とトイレと浴槽がいっしょのタイプです。洗面の仕様は、キッチンと同じ、黒い花崗岩と木の組み合わせっぽいですね。

2階のベッドルームも、床はカーペットです。ドームのサイズがコンパクトな分、天井が低いですね。

2つのドームハウスをつなぐ通路の外には、中庭があります。

このドームハウスの様子は、動画でもご覧いただけます。

映像冒頭の外観、レンガのアプローチ、赤いドア、木の外壁、豊かな植栽の感じが、良い雰囲気を出していますよ。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog