わんこのカレンダーとドームハウス

こちら、先月のカレンダーですが、

我が家で毎年欠かさず買っているものです。

犬、ネコの保護活動を行っている方々の支援として販売しているカレンダーで、

裏にある活動内容を見ますと、

毎年、日本では飼育放棄などで保健所に持ち込まれる犬猫が約9万匹近くにものぼり、そのほとんどが殺処分されています。 これらの不幸な犬猫たちを減らす活動をしている団体や個人の皆様への支援として、このカレンダーは作られました。 犬猫の保護活動をしている皆様に当カレンダーを販売し、その売上金(送料等の諸経費を除く)を、治療、去勢、不妊手術、ワクチン接種等の治療費として活用していただいています。 今回で9回目となる2017年度版も、全国の皆様から募集したワンちゃん、猫ちゃんの写真を提供していただき作成したものです。
■企画・制作・デザイン・印刷 Well Cat Home http://wellcathome.jp/

との事なのです。

 

どうしてここでご紹介したかといいますと、ウチの子が載ったからなのです。

その上、ドームも一緒に載せて頂きました!

、、、ドームは偶然ですが。 (^^)

雪が良かったんですね、きっと。

でも、雪多すぎて、自慢のドームが見えませんね。

ウチの子達も保護犬なんです。

一匹は仔犬の時に保健所に保護され、殺される間際を保護活動家の方に引き取って貰い、我が家へやって来た子。

もう一匹は繁殖犬といい、ペット量産用に繁殖のみに使われ、捨てられ、焼却処分になりそうだった子です。

そんな命を守る活動をしていらっしゃる全国の方々の、小さな後押しになればと、いつもこのカレンダーを何冊か買っています。

http://wellcathome.jp/blog-entry-657.html

 

しかし、なんでリスが載ってるんだろう。。。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。