カラフルなドームハウスを、ラグジュアリーな雰囲気にリフォーム!

アメリカのロサンゼルス付近にあるドームハウスが、リフォームをしているのですが、その前後の違いが参考になるので、取り上げていきますね。

大きさは

  • 1666平方フィート(約154.77平方メートル・約46.8坪)の住空間
  • 472平方フィート(約43.85平方メートル・約13.3坪)のオフィスエリア
  • 500平方フィート(約46.45平方メートル・約14.5坪)のデッキ

なので、大きめのドームハウスですね。

リフォームする前の様子はこちら

壁の一部がすごく色鮮やかです。

キッチンの壁も鮮やかですが、設備類がちょっとシンプルすぎますね(笑)

寝室も黄色の壁です。

窓まわりのみ水色です。床もタイル系で仕上げられています。

カラフルさも影響して、ちょっとかわいらしさが強くでている気がします。

リフォーム後のドームハウス

質素だったキッチンまわりが、対面キッチンでセパレート型に、リフォームされています。

水色だった壁は、木の雰囲気に変わっています。壁紙でしょうか?本物でしょうか?

タイル系だった床は、シートっぽいものに変わっていますね。

色鮮やかだった壁が、白になっていますね。

寝室でしょうか。ラグジュアリーな雰囲気が出てますね。

2階の一部の床材は、木です。濃い色が白い壁とマッチしていて、高級感があります。

リフォームの前後を見比べると、外観は同じでも、内部の雰囲気で全然変わってきますね。

仕上げとして、全体的に木材を表すのも良いですが、上記のように白く包んで、アクセント的に濃い目の木の雰囲気を出すと、高級感がでやすいですね。

 

紹介されている記事では、「ネオヒッピーのためのドームハウス」と書かれています。ちょっと違う気もしますが・・・

リフォーム前のドームハウスが掲載されている記事はこちら↓

 

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog