10mドーム

直径10mの新プランです。

1階 22.8坪
2階 12.3坪

延べ床面積 35坪

今回は、1階のリビングやダイニングに居て、なるべく広さを感じられる様、心掛けてみました。
上にも横にもひろ~く感じる間取りです。

10m_1f

リビング、ダイニング、キッチンは一つの空間となっています。
階段や玄関前のスペースも、同じ空間内に入れ込んであります。

リビングの端っこのTV台がある部分に立って玄関側を眺めると、玄関風除室の建具部分まで視線が通ります。
キッチンの方を眺めると、人が立ってる背中の部分にある食器収納棚まで。
階段を蹴込み板のないスケルトン(ストリップ階段)とすれば、浴室の壁まで視線が通ります。

10m_2f

2階空間も、仕切ってしまうのは左側の寝室のみとし、右側の部屋は仕切り壁を極力少なくしてみました。
畳みのある部分は、プレイルーム。
子供達の遊び場です。
ブロックやぬいぐるみを散らかしていても、1階からは見えません。

もし、2階の収納力を上げたいようであれば、畳の部分はウォークインクローゼットとしても良いかもしれませんね。

玄関裏のシューズクロークと、キッチン裏のパントリーは同じ空間を共有してあります。
玄関から裏通りを通ってキッチンへ、という別ルートを小さいながら確保してありますので、来客中でもキッチンへダイレクトに入れます。

ぐるぐる回れるルートは、主婦にとってとても便利なのです。

玄関前のフロントポーチに、大きめの外物置があるのも便利かな、と思います。
スコップなどの庭仕事道具、三輪車などの子供のおもちゃ、お父さんの釣り道具、分別ゴミなども、こういった場所を用意しておけば、家の中が片付きますよね。

10mplan

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。