元祖、フラードームへ

フラー博士の自宅ドームハウス、気になりますよね?

ではでは、みなさんを代表して行ってきます!

GoogleMapでですが。。。(^^)

scarbondale01

カーボンデールはイリノイ州、アメリカの中央部。

シカゴからちょっと南に下った、あのルート66が走っている州ですね。

scarbondale02

ぐんぐん近づいて行くと、、、

scarbondale03

おっ、丸い屋根が見えますね。

scarbondale04

早速、前の道路に降りてみますね。

scarbondale05 scarbondale06

向こうに青い建物が見えてきました。

あれでしょうか。

scarbondale07

近づくと、、、

お~、やっぱりそうです。

当時は、アスファルトシングルの屋根だったはずですが、

つるつるのドームになってます。

塗布防水か、シート防水とし、色を塗ったのでしょうか。

scarbondale08 scarbondale09

scarbondale10
scarbondale11
scarbondale12

ドームの5角形を上と下とに色分けをし、

屋根部分と壁部分とに、視覚的に分けたんですね。

防水上のことなのでしょうか。

5角形の中に水切りも付けてあります。

角を曲がって、

scarbondale13
scarbondale15

中庭に近づいてみると、、、

scarbondale22

ジャングルジムのような、鉄パイプのミニドームがあります。

昔は、噴水があったのではないかと思いますが、ここからは見えませんね。

直径11mにしては、ちょっと小さく見えますが。

scarbondale20

 

驚くべき事は、基礎が無いこと。

地面との距離が近いですね。

これが格好いいんですが、

同じ事は日本では残念ながら出来ません。

床と地面がこんなに近いと、建築基準法に準ぜない家になってしまいます。

それ以上に、湿気の多い日本では、

地面からの湿気で、床下がすぐに腐ってしまいます。

しかし、基礎が見えないって、格好良いですよね。

どっしりとして、地面に根を下ろした安定感があります。

scarbondale21

なるほど、いろいろと勉強になるヴァーチャル旅行でした。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。