★☆ 専門家 ☆★

建築の専門家たち

ドームの前に、まずログハウスの話を。

日本のログハウスの源流は、昭和8年、上高地に帝国ホテルがつくられたことから始まります。
その後、1970年代から徐々に増え、各地に輸入ログやハンドメイドログがつくられました。

しかしその構造解析は難しく、近年まで技術的な設計指針がつくられることはありませんでした。

s2016121220542800

そして、1990年になり研究も進み、やっとこの技術基準が世に生まれました。
「丸太組構法技術基準・同解説」1990年版です。

この技術指針を使用し、日本中のログハウスが設計されて行き、13年後の2003年、右の2003年版として更に進化を遂げ法改正され、現在に至っています。

さて、この基準書の目次にはこの基準をつくった、そうそうたるメンバーの方々の名前が載っています。

%e7%9b%ae%e6%ac%a11

そのメンバーの方々、委員の一番上。
それから中程。
共に、日本の木造建築を背負って立っていらっしゃる先生方です。

そんなすごい方々のご協力の下、私たちはドームハウスの開発、発展、普及に努めております。

そして現在、私たちのドームハウスを建設してくれている会社のひとつ「夢木香(株)」。

logo
夢木香の中川社長は、現在のログハウス協会の会長さんでもあり、日本の木造建築を背負っていらっしゃる一人です。

こちら、一昨年の最初のミーティング風景です。

senmonka1s

木造建築の大家 平嶋先生、 ログハウス協会 会長 中川さん、 そしてログハウス協会 技術委員長の葛野さん。

senmonka2s
みなさんのドームハウスが、安全で幸せな家になるよう、
多くの方々のご協力の下、日々がんばっています!

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。