国産桧の家

ドームハウス用に材木屋さんにストックしてある桧材の写真です。

choboku1s

建材にする木は冬に伐採し、製材し、こんな風に積み上げて乾燥・保存します。

自分の土地や裏山に生えている木で家をつくる、

という家づくりが特殊な世の中ですが、

そんな活動もしています。

choboku2s

国産材を使った家づくりは、国や県も支援をしています。

木材をつくる時に使うエネルギーは、鉄をつくる時の80分の1、

アルミニウムのたった340分の1。

だから、鉄やアルミニウムのかわりに木材を使うと、

二酸化炭素を出す量も減らせることになる。

と林野庁のHPは謳っています。

 

CO2削減という理由もあるのかもしれませんが、

日本国土の2/3をも占めている森林の資源を極力使いたいです。

 

日本の森は林業の衰退によって、荒れ果ててしまっています。

遠く外国から輸入した材ばかりを使うことがその原因。

国産の桧や杉を使わず、

アメリカからの米松やヨーロッパのホワイトウッド、

ツーバイフォーのSPF材ばかりをみんなが使うからなんです。

 

作っても売れないため、手を入れられなくなった植林の杉は、

競い合うようにひょろひょろと上へ伸び、

バンバン花粉を放出するようになってしまいました。

間伐をしたり、間引きをしたりして、

良い環境で育てなければ、建材として使える木にはなりません。

 

使えないから使わない。

使わないから使える森にならない。

うっそうとした真っ暗な植林の森には、

動物も住めないそうです。

 

森が育てば、養分の多い土が生まれ、

そこから流れ出た水は川を流れて海にたどり着きます。

肥沃な森は、多くの魚を育てる海をも作ってくれます。

 

国産材を使って家をつくることは、

いろんな意味で幸せにつながるんですね。

そんな活動もしています。

choboku3s

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。