こどものお城、ロフト

こどもって狭いところ好きですよね。

小型のドームハウスは、

2階が屋根裏部屋的な空間になります。

まるい天井が床まで下がっていて、

途中に窓がある部屋ですので、

寝室や個室に向いています。

大型のドームハウスでは、

2階の上に小さな空間をつくることができます。

ハシゴで登る屋根裏部屋です。

屋根裏ですので、収納スペースにすることが多いですが、

こどもたちにとっては、一番好きな場所。

s%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e5%8a%a0%e5%b7%a5
天窓を付けて、明かりと風を取り込み、

積極的にデザインすると、こどもと言わず、

大人も楽しめるステキな部屋になります。

寝室や書斎にしても良いですね。

ただし、天井高は1.4m。

子供は立てますが、大人は立てません。

ロフトは、いろいろなアイデアを盛り込める楽しい場所です。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。