大黒柱として育てる作業

切り倒した大木、

大きいだけにその後が大変です。

大変でありながらも、楽しいのですが、、、

 

建材にするための木は、冬に伐採します。

だいたい11月~3月中頃まで。

それ以外の時期に伐採した木は、

建材には使えません。

 

冬の間は木が眠っているので、

寝てる間に切るのです。。。(^^)

 

春から秋にかけて、木は地面の中から多くの養分と共に水を吸い上げます。

光合成って昔習いましたよね。

葉っぱからの二酸化炭素と、

根からの水、太陽の光を使って養分を作っています。

 

春、暖かくなり、

葉っぱが茂ってくると、

根からぐんぐん水を吸い、

てっぺんまで密集している全ての葉に水を行き渡らせていますので、

木の中は水浸しの状態です。

幹の中にはタンパク質等、多くの養分が生まれています。

 

木の中に水分や養分が多いと、建材に加工する際、

なかなか乾かないだけでなく、

養分が木の中に含まれたまま乾燥させることになります。

養分が多いと、虫にとってはおいしい食材。

カビや腐敗菌も、養分の多い木に生えるのです。

 

家になった後、

水にぬれたり、湿気が入ったりすると、

木の中の養分にカビが生え、

腐敗菌が生まれ殖え、

柔らかくなり、虫が入り、、、

という順番で材木はダメになって行きます。

その原因が、材木になる木をいつ伐採するか。

伐採の後、どのように乾燥し、建材に加工するか。

大工さんの腕だけではどうしようもない原因もあるんですね。

 

さて、伐採した二叉の大木。

このままでは、ただの二本丸太で、

柱にはなりません。

このでかい、取り扱いがやっかいな二叉丸太を、

建材になるように手間ひま掛けて育てなければならないのです。

育てるって、切った木なのに、、、

でもそれくらい手間が掛かるんですね。

 

伐採後は、なるべく早く皮を剥かなければなりません。

皮が付いたまま置いておくと、

表面のごつごつした皮の内側に、

虫が入ってしまうのです。

虫も寒いので、皮の内側に卵を産み、

幼虫になり、暖かい皮の内側で木を食べながら冬を越します。

皮がなければ虫は来ないんですね。

そこで、みんなで丸太の皮むきです!

二本、、、(>_<)

 

daikoku_cut_9

がんばれ、子供たち!

 

女の子ちゃんが持っているのは桧や杉の皮を剥く

皮むき器。

松のごつごつは、これではなかなかはがせません。

そこで、山芋掘り用のクワに焼きを入れ、

先端に歯を付けた道具を作りました。

押して剥くので安全です。

これは結構重労働。

でも、だんだんとつるつるになっていくのが嬉しいんですよね。

daikoku_cut_10

そして、雪の季節を迎えます。

雪の中では、虫もカビもきません。

 

daikoku_cut_11

冬の乾燥した空気の中、

眠っていてもらいながら、乾燥して行くのです。

 

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。