ローインパクトな外構工事

自然の中にあるものを使い、自然にやさしい生活環境をつくりたいと思っています。

時間と共に森や大地にとけ込むような風景にしたいです。

コンクリートでよう壁をつくるのではなく、自然の石や丸太を使い、

長い時間が経って人がいなくなった時に、自然に戻る材料を使う。

そういったつくり方を「ローインパクト」と言います。

地球に与える衝撃(インパクト)が、小さく(ロー)なるように考えて設計をするという意味です。

ローインパクトな庭づくり。

ローインパクトな暮らし。

spa070295cut

街中では、なるべく多くの植物を植えて、

緑を楽しむことが出来る風景を、

窓から見えるところや、玄関からのアプローチ、リビング前につくります。

 

山の中ではどうかというと、

人の手を加えた風景をつくることが、

私たちの目には不思議と馴染むもので、

安心感を与えることができます。

 

全く何も手を加えていない森庭は、

ワイルドすぎて人を拒み安心できません。

 

ここでは、自然石を使って森の中に自然庭園をつくっています。

ワイルドなままの森と、人の手が加わった家の周り。

その間に、中間的な緩衝帯となる庭をつくります。

天然石を使い、好きな木を植えた庭作りです。

天然石は、すぐにこの地に馴染むよう、地域に元々ある石を選びました。

spa070298cut

花壇を作り、高低差を植木でカバーし、

重たい車が載る部分には、分厚い石を並べる計画です。

アスファルトやコンクリートで地面をふさぐのではなく、

大きな石を敷き、その周囲にきれいな小石をまこうと思っています。

spa070305cut

道路や石積みの土木工事を先に行い、

その後、植木を植えます。

子供達も楽しめるよう、ベリー系の実の生る木を多く選びました。

野生の鹿が多いので、鹿に食べられないか心配ですが、

鹿が来てくれるのもまた、楽しいかもしれませんね。

あなたなら、どんな植物を植えますか?

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。