ちっちゃいドーム ~イベントブース~

山梨は小淵沢にて開催される 「わとわ祭り」 にドームを展示することになりました。

しかし、その展示スペースが 2.5mx2.5m しかないのです。

では、

  「 2.5m角に入るドームを作っちゃおう! 」

 

いろいろ考えましたが、

やっぱり中に立って入れて、

天井がまるいドームが良いと言うことに。

event160910_1

最小限の寸法の 「フラー型」 としました。

event160910_2

地面に設置している部分の直径がぴったり2.5mです。

高さは、立ち上がり壁を 1.4m とすると、

出入り口部分で 1.84m。

最高部分で 2.46m あります。

 

パーツは全部でこれだけ。

event160910_3

軽トラの荷台に、いっぺんに載るサイズとボリュームなのです。

event160910_4

組立後の 「 開発会議 」。。。(^^)

設計者代表のわだと、 施工者代表の杉山棟梁ですっ!

event160910_5

そして、今日の主人公の

「ちっちゃいドーム」くん。

event160910_6

バイク置き場 や 工作室。

スコップ や 草刈り機、 肥料などを入れておく、

庭や畑の 「 ガーデンシェッド 」 なんて良いですね。

一輪車 も 小型の耕耘機 も入ります。

良いアイデア、募集中です!

 

「わとわ祭り」

event160910_7 event160910_8

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。