広がるドームハウス

ドームハウスは拡張性の高い建物です。

それは後からどんどん機能を追加することができるという事。

増築したり、

改築したり、

大規模な模様替えをしたり する事が可能です。

 

例えば、

最初は間仕切りのない大きな部屋だけとしておき、

後から間仕切り壁を作って幾つもの小部屋に分ける方法。

 

子供が小さなときは、家の中で走り回れる様、

リビングもダイニングも寝室もつながった広~いひと間としておき、

成長と共に個室に仕切っていく。

 

また、まずは予算を抑えて小さく作り、

その内、外部へと広げるように増築する方法。

 

お友達やご両親が遊びに来ても、

泊まってもらえる広い個室を増築。

お風呂やトイレ、

ミニキッチンを付けたエクステンションを、

後から増築、、、と生活と共に家を変化させる事が可能です。

 

まるで、家族と共に成長する家ですね。

さて、外に向かって延長させるエクステンションとは、

具体的にはどういった部屋になるのでしょう。

このプランは、東と西の二カ所にエクステンションを付けた案です。

西側のエクステンションには玄関と水廻りが入っています。

玄関ポーチに屋根付きガレージ。

玄関の外に、物置が付いています。

子供のおもちゃやお父さんの釣り道具、

庭仕事様のスコップや草刈り機、

家の中には入れたくない物を片付けられます。

 

玄関の後ろ側には洗面脱衣室と浴室。

窓もしっかり取れて、湿気ることのない明るい洗面所です。

タオルや下着を仕舞っておける大きな収納も付いています。

 

東側のエクステンションは、ちょっとしたお仕事が出来る小部屋にしてみました。

書斎、家事室、図書館、工作室、音楽室。

リビングのある本体からは、

広いタイル貼りの廊下を介してつながっている為、

独立した感覚を味わえます。

一人こもって作業をするのに、

最適な部屋になるのではないでしょうか。

 

個室前の広い廊下は、

テラコッタタイル貼りの小部屋。

南に面した日当たりの良いこの小部屋は、

ゆっくり庭を眺めながらお茶を頂いたり、

友達とお話に花が咲く暖かい個室です。

 

わんちゃんや猫ちゃんのお気に入りのスペースにもなるかもしれません。

ペットのおトイレを置いても良いですし、

日当たりが良いですので植物を置くサンルームにもなります。

 

また、お仕事を書斎でされるのであれば、

直接庭から入って頂けるこの個室は、

打ち合わせ室にもなりますね。

 

あなただけの夢のプランを、こんな風に描いてみてください。

ドームハウスにご興味をお持ちの方へ

一人で家族のみの協力の下で始めた、森のドームハウス建設に始まり、
ドームハウスの専門家が集まり始めたドームドリーマーズを経て、
より多くの方々への情報を伝えるためのドームハウスインフォ設立に至りました。

 

お陰様でドームハウスの実績や活動内容も充実してまいりましたので、
カタログを制作してお届けすることができるようになりました。

ドームハウスにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

catalog

ABOUTこの記事をかいた人

和田 啓宏

一級建築士事務所 studioPEAK1(スタジオピークワン)代表。 山梨の県北、南アルプス山脈甲斐駒ヶ岳の懐に位置する白州町の森にて建築・設計活動をしています。白州に活動の場を移して十数年。この自然の中でしか感じることの出来ない事を学び吸収し、建築に反映してきました。技術力やデザイン力のみではなく、心からわくわくし、楽しくなる建築をめざし日々精進しています。